保険に関して影響を受けた本

私が、社会人になりたての頃は、とりあえず、保険に入っておくかみたいな理由で、医療保険や個人年金保険に加入していました。

現在、ものすごく後悔しているわけですが。

本当に当時は何も考えていませんでしたね。

保険料貧乏という言葉があるように、世界中で支払われている保険料総額の内、約30%を日本人が支払っているというデータがあります。

日本人は、世界人口の内、たった2%程度です。

なんでもかんでも保険に加入して払いすぎてしまったら元も子もありませんからね。

そのあたりの失敗談につきましては、後日、別記事にて書いてみようと思いますが、現在においては、起こる確率は低いものの、一度起きてしまうと、高額の資金が必要になる事柄については、保険に加入しておくべきと考えています。

自分が支払うことの出来ないリスクに備えるため、貯金では対応しにくい金額を調達できるようにするために民間の保険を利用すべきと思っています。

この考えは、『生命保険のウラ側』(後藤亨著)に大きく影響を受けています。

保険について赤裸々に語っており、保険会社からクレームとか来ないのだろうかと心配になりますが、良書です。

『医療保険は不要』『保険で貯蓄性は忘れた方が良い』等ばっさり切っております。

私自身は、全く不要という意見ではありませんが、確かに他の保険に比べれば重要性はそこまで高くはないでしょう。

また、個人的に面白かったところは、数あるセールストークの切り返し方が書かれていたことです。

無論、こういったものが表に出れば、向こうはさらにその対策を行ってくるものでしょうが、少なくともこちらがそれなりの知識を持っているということはアピールできそうです。できれば、こういったものを使う場面には出くわしたくありませんが。

本日もお読みいただきありがとうございました。

では、また明日。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク