アセットアロケーション・ポートフォリオ(2017年7月末)

2017年7月末のアセットアロケーションとポートフォリオです。

スポンサーリンク

アセットアロケーション

外側:目標値

内側:現在値

『わたしのインデックス』によると、目標値は

リスク:12.1%

リターン:6.0%

シャープレシオ:0.5

となります。

ポートフォリオ

国内株式

・SMT TOPIXインデックス・オープン(現在積立中)

※日経平均より、幅広く分散できるためTOPIXを選んでいます。

先進国株式

・外国株式インデックスe

・ニッセイ-〈購入・換金手数料なし〉ニッセイ外国株式インデックスファンド(現在積立中)

・DCニッセイ外国株式インデックス(iDeCoにて現在積立中)

※実質コストがより低く、未だベンチマークとの激しい乖離もない『たわらノーロード 先進国株式』に変更しようかと検討中。

新興国株式

・野村インデックスファンド・新興国株式(現在積立中)

国内債券

・個人向け国債・変動10年

・定期預金

・あおぞらDC定期(1年)(iDeCo)

※当初は個人向け国債だけだったのですが、

・利率が大分乏しくなってきた

・得た利益の扱いに困った

という理由で、その時で条件の良い定期預金を利用しています。

※現在、国内債券部分には積立をしていません。

生活防衛資金

上記以外に、1年分程度の生活防衛資金を確保しています。

その他

現在、iDeCoにて、あおぞらDC定期(1年)からDCニッセイ外国株式インデックスへスイッチングしています。

一括で移し替えず、1年程度かけて少しずつ移し替えています。

よって、現在、国内債券部分の比率が多めになっています。

こちらの記事もいかがですか?

スイッチングする際に、似たような投資商品が並んでいるので、間違えないよう気を付けています。

ちるり~です。 SBI証券がいよいよ6月からiDeCoの運用管理手数料を無料にするらしいですね。 公式サイトを見ると、既...

投資をしている以上、生活防衛資金の扱いには、かなりの注意を払っています。

例えばこういったときです。 Aさんは、投資を始める前に、生活防衛資金を普通預金で2年分用意しました。 さて、投資を始めて...

本日もお読みいただきありがとうございました。

では、また明日。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする