aTimeLoggerで開始時間、終了時間を手入力し、後から記録を追加する方法

パソコン

aTimeLoggerというアプリがあります。

簡単に時間を測ることが出来、後で、自分が何にどのくらいの時間を費やしたのか一目でわかるため愛用しています。

基本的な使い方はこちら

aTimeLoggerというアプリがあります。 どういうアプリなのかを一言で説明すると、時間を測るアプリですね。 例えば...

さて、時間を計測できるのは便利ですが、日々生活している中で、毎回事前に時間を計測しようと思っているわけではありません。

後から、

「あ~、あの時、時間を測っておけば良かったなぁ。」

と思うときもあれば、

「あ、さっき時間測るのを忘れてしまった・・・」

と言う場面も出てきます。

どんなに便利なアプリでも、自分で操作しなければ動いてくれませんからね。

いや、その内、勝手に時間を計測してくれるものが発明されるかもしれませんが。

しかし、このaTimeLoggerは、こういったときでも、後から時間を入力して記録することも可能です。

手順は以下の様になります。

スポンサーリンク

開始時間、終了時間を手入力し、記録を追加する方法

1:aTimeLoggerを起動し、記録画面を開きます。

2:右上に『+』のマークがありますので、クリックします。

3:『開始』『完了』『カテゴリ』『終了予定』『コメント』の欄が出てきますが、まずは『開始』をクリックします。

4:『開始日』『終了日』『時間』という欄が出てきます。

まず、『開始日』に追加したい記録の開始年月日と開始時間を入力します。

5:同様に『終了日』に追加したい記録の終了年月日と終了時間を入力します。

6:すると『時間』の欄にかかった時間が自動計算されて出てきます。

それで良ければ、右上の『保存』を入力します。

7:前の画面に戻るので、次は『カテゴリ』をクリックします。

8:追加したい記録のカテゴリを選びます。

9:カテゴリを選ぶと前の画面に戻りますので、右上の『保存』をクリックします。

これで、記録の追加は完了です。

例え、時間を計測し忘れたとしても、後から追加出来れば気が楽になります。

まぁ、大体の開始時間、終了時間を覚えていないとどうにもならないですがね。

その他の使い方はこちら

aTimeLoggerというアプリがあります。 簡単に時間を測ることが出来、後で、自分が何にどのくらいの時間を費やしたのか一目でわかる...
aTimeLoggerという、時間を計測するアプリがあります。 詳しい内容と基本的な使い方はこちら。 記録画面か...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする