読書感想『「貯まる人」「殖える人」が当たり前のようにやっている16のマネー習慣』

『「貯まる人」「殖える人」が当たり前のようにやっている16のマネー習慣』という本を読みました。

よくある、お金が貯まることはこういうことをやっているといった内容が書かれている本かと思いましたが、結構専門的なことが書かれています。

・割引現在価値

・単利と複利

・元本と利息の合計額の計算方法

・72の法則

・債券価格と利回りの関係

・PER、PBR、ROE

などなど。

16の習慣に入る前に、こういった内容を一通り教えてくれます。

実際読んでみると、知識があやふやな部分もありましたので、もう一度初心に戻って読み直しました。

(でも、その場では分かっても、こういう知識ってすぐ忘れてしまうんですよね・・・)

逆に、単純に、貯めている人がどういう生活をしているのかといった内容を早く読みたい人は、習慣のお話はまだなのかと思ってしまうかもしれません。

また、初めて、『会社が倒産してしまったときに利用できる制度』があるということを知りました。

あんまり利用したくない制度ですが、今の世の中、5年後に自分の勤め先がどうなっているかなぞ分かったものではありません。知っているに越したことはないですね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク