読書感想『たりないお金』

『たりないお金』(竹川美奈子著)を読みました。

著者の本は、いくつか読ませていただいていますが、この本は読んだことがなかったですね。図書館で見つけたので借りて読んでみました。

著者に対しては、インデックス投資や投資信託のイメージが強かったですが、この本はそれ以前の内容になりますでしょうか。

・親世代と同じように、住宅・車・保険・教育の支出を積み上げると大変なことになる。

・手取り収入は増えず、消費税や社会保険料は上がっていく。

などなど、『普通』に暮らしていると、お金が足りなくなるということを警告しております。

このあたりは、以前紹介した、『35歳貯金ゼロなら、親のスネをかじりなさい』(小屋洋一著)に通ずるところがありますね。

将来のことを大して考えず生きてきた私が、危機感を抱くことになった本がいくつかあります。 まずは、『35歳貯金ゼロなら、親のスネをかじり...

少しデータが古いところもありますが、住宅・車・保険・教育等について必要な知識がそろっています。

さて、住宅にて、高齢者は賃貸を借りにくいが、今後少子高齢化が進めば、そうした事態は改善されていくだろうということが書かれています。

これについては、まぁそうだろうと思う一方、では、不動産屋はこのような状況で、どのようなリスクヘッジを行っていくのかというところが、個人的には気になりますね。

連帯保証人をつけることが出来なくなる方も出てくるだろうし。

最近では、連帯保証人がいなくても、保険に入ればいいですよというところもあるそうですが、当然、その保険料は、保険会社に儲けが入るように設定されているわけなので・・・

賃貸物件は借りやすくなる一方、現在よりも少々費用がかかってしまうかもしれないことを考慮しておいた方が良いかもしれません。

まぁ、住宅購入という手もあるわけですが、であればその分の資金をやはり確保する必要が出てきますしね。

本日もお読みいただきありがとうございました。

では、また明日。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク