読書感想『手取り10万円台の俺でも安心するマネー話を4つください。』

『社会保険』や『税金』とかって、なんだか難しそうと思っていませんか。

実際に勉強したら、難しい用語ばかりでなかなか頭に入ってこないという方も多いかもしれません。

かく言う私もその一人でした。

そんな方には『手取り10万円台の俺でも安心するマネー話を4つください。』(山田真哉、花輪陽子著)がおすすめです。

『社会保険』や『税金』を面白く学ぶことが出来ます。

スポンサーリンク

3人の会話が絶妙

私自身、ニコニコ生放送というものを見たことがないのですが、これはそのニコ生で放送された部分が書籍化されたものだそうです。

よって、普通の文章ではなく会話形式で話が進んでいきます。

出演者(?)は、公認会計士の山田さん、FPの花輪さん、自宅警備員(?)の金田さんの3名で、この3名が絶妙なトークで内容を進めていきます。

そしてこの内容が、とんでもなくくだらないのです。

(もちろんいい意味で)

花輪さんの本は、他にもいくつか読ませていただいているのですが、この本を読んで結構印象が変わりました。

(もちろんいい意味で)

終始ニヤニヤしてしまうので、電車等で読むのは危険です。

ですが、その分、内容が具体的で頭に入りやすいです。

最初は、給与明細の見方から始まりますが、基本的な見方の他にも、なぜこういう風な決まりになったのかという部分にまで説明しているので、頭に残りやすかったです。

他にも、

・厚生年金がどれくらいなら会社がちゃんと申告しているか?

・『扶養控除』の成り立ち

・『税額控除』に込められた国の本音

・消費税をかけるメリット

などは、個人的に大いに勉強になりました。

ただ、少々古い本なので、現在と制度が変わってしまっている箇所もあります。

その点だけ注意ですかね。

続編が出たら私は買います。

本日もお読みいただきありがとうございました。

では、また明日。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする