読書感想『お金で苦労する人しない人』

『お金で苦労する人しない人』(中谷彰宏著)を読みました。

最初の方は、本当かなぁと思う部分もありましたが、読み進めていくと納得するところも多く、参考になりました。

何より本当に必要なのはお金に関する「知識」と「知恵」と書かれていますが、その通りですね。

お金の貯め方、使い方、増やし方、稼ぎ方など、こういうことを教えてくれる人もめったにないし、機会もないですからね。

そしてこういうことを知らないと、お金を搾り取られていく。

いや、搾り取られていることすら気づかなかったかもしれません。

「共同経営はしない方が良い」や「夫婦仲が悪くなると倒産する」など、自分で事業を行っている場合の例もいくつか出てくるのですが、その辺りはあまり想像がつかないので、なるほどそういうものなのかという感じでパラパラ読み進めていきました。

個人的に気になったのは以下の部分でしょうか。

スポンサーリンク

「税金が高い」と言っている人に限って、確定申告をしたことがない

サラリーマンは、税金の計算を会社にやってもらっているため、税金の仕組みすら、いつまでたっても学習できない。

「高い」と文句を言うだけ。「何がどう高いんだ」と聞かれたら答えられない。と書かれています。

まさに、以前の私はそうでしたね。

給与明細から引かれている金額を見て、なんでこんなに引かれてしまうんだろうと嘆いていた時がありました。

ただ、本書に書かれている通り、では、引かれているものはどんな税金で、どれが一番高いのかを聞かれても、間違いなく答えられなかったと思います。

確かに、税金の仕組みというのは難しく、私も全てを理解しているわけではありません。

ですが、つべこべ言っていないで、とっとと、税金の勉強をして、何をどうすれば節税できるのかという「知識」を身に付けて実践していった方が、よほど自分のためになりました。

手っ取り早いのは、ふるさと納税やiDeCo、保険でしょうか。

どちらも公的年金を補助する形で利用するかと思います。 iDeCoはお得とよく言われますが、iDeCoを推す方の特徴として、 ...

困っている人にお金を貸してあげることは、思いやりではない

人間は足りなくなってはじめて、どうやって切り詰めていこうか、どうやって少しでも収入を増やしていこうかと考える。

良かれと思ってやっていることが、一番相手をダメにする。と書かれています。

確かに、私も、何かのきっかけで年金定期便を読み、ねんきんネットで試算し、将来に大きな危機感を持ったため、本格的に節約を始めた経緯があります。

残念ながら、どうやって収入を増やしていこうかという発想が出てこなかったのですが。

ただ、そういったきっかけがないと、お金のことをいつまでも考えずに生活してしまい、最終的にダメになってしまうということが普通にありえたと思います。

まぁ、今も考えているようであまり考えていない部分もあるかと思いますが。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする