生活防衛資金が目標額に届いたが、それ以降も増やしていくべきか?についての考え

前回の続きです。

例えばこういったときです。 Aさんは、投資を始める前に、生活防衛資金を普通預金で2年分用意しました。 さて、投資を始めて...

このままいくと、Aさんは生活防衛資金がどんどん増えていきそうですが、私自身は、別にそれでいいのでは?と考えます。

私の性格上、リターンよりもリスクの方を気にしてしまいます。

例えば、今回の例でいえば、生活費を17万円に設定しなおし、3万円分の投資信託を購入する設定に変更するという方法も考えられます。

もちろん、リスク許容度を計算し、無理のない範囲であれば問題はないと思います。

ただ、少しでも無理があると感じれば、やはりリスクの方を優先し、生活防衛資金が増えていくほうを取っていきます。

ただ、やたらめったら生活防衛資金が増えてもしょうがないので、次に私が取る行動としては、余った普通預金は、来年度の投資資金に充てるということが挙げられます。

例えば、目標としている生活防衛資金に加えて12万円余ったのであれば、それを12ヶ月分で割ります。この場合だと、1万円です。

よって、来年からは1ヶ月1万円を追加し、計3万円分の投資信託を購入していきます。

この余った12万円分は、翌年度以降の投資になりますので、1年間の機会損失にはなりますが、無理をして投資するよりかは安心できるかと考えています。

余ったと感じた段階でスポット投資をしても良いかと考えたのですが、いちいち手動で買い付けるのが面倒なので辞めました。

年に1回くらいならいいかもしれませんが。

確定拠出年金のスイッチングも、忘れそうになるくらいですし。

元本を早く積み上げた方がいいのでしょうが、そこまで大きくリターンに差は出ないような気はします。どうなのでしょうか。

まとめると、

生活防衛資金が増えていく分には構わないが、あまりにも余裕があるのであれば、その余裕分は来年度の投資資金に充てる。1年分の機会損失にはなるが、リスクの方を重要視するため、それは受け入れる。

ということになります。

本日もお読みいただきありがとうございました。

では、また明日。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク