シーリングライトを買うときは、店舗で実物を確認した方が良いと思った

今は大きな買い物をするにも便利な時代になりました。

ネットには、様々な比較サイトが立ち並んでおり、製品の概要、性能、値段、評価を家にいながら簡単に調べることが出来ます。

調べた後は、そのまま最安のネットショップから購入すれば、業者が届けてくれますし、サービス料を支払えば取り付けまでしてくれるところもあるでしょう。

(あまりにも安すぎると、逆に不安なので、そこはしっかり確認する必要がありますが。)

ただ、シーリングライトに関しては、実際に店舗に出向いて確認をした方が良いと思っています。

というよりも、店舗に出向かないと確認出来ないことがあります。

まぁ、人生の中でそこまでシーリングライトを購入する機会はないと思いますが。

スポンサーリンク

点灯具合を確認してみる

店舗に出向く前に、ある程度自分の中で目星をつけておきます。

そして、実際に店舗に出向いたら、実際にシーリングライトを点けてみます。

その時の光り方をチェックしてみましょう。

点滅していませんか?

肉眼では分かりにくいかもしれませんが、例えばスマホのカメラを通して見てみると、点滅具合がはっきり確認できます。

最近のシーリングライトは、中の電球を取り換えるということはなく、切れたら本体ごと買い替えなくてはいけません。

そもそも、今はLEDを使用しており、一度購入すれば、何年間も交換する必要はないので、失敗は許されません。

気にならない方は気にならないかもしれませんが、あまりに点滅が激しいと、目に負担がかかりそうです。

点滅しがちなものと、そうでないものの差は結構激しいので、気になる方は確認してみるのをおすすめします。

本日もお読みいただきありがとうございました。

では、また明日。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする