消費、投資、浪費をあまり気にしない

気にしないというよりも、分からないという方が適切かもしれません。

よく、お金の使い方には、消費、投資、浪費の3種類があると言われます。

簡単に言えば、

消費:生きていくために必要な出費

投資:自分にリターンがある出費

浪費:無駄遣い

といったところでしょうか。

当然、浪費が少ない方がいいでしょう。

ただ、私は金銭を消費する際に、いちいちこれらのことを考えてはいないです。

もしかしたら、無意識に考えているのかもしれませんが。

スポンサーリンク

現段階では、どれに当てはまるか分からない

今回支払った内容が、投資なのか浪費なのかということは、将来にならないと分からない気がします。

浪費してしまったと思っていたことが、後々ひょんなことから自分のためになることであったり、逆に投資したと思っていたことが、将来全然役に立たなかったり。

人生何が起こるか分かりませんからね。

そんな今考えても分からないことを、いちいち考えるのは割に合わない気がしています。

浪費が全くないのもつまらない

無駄遣いを全くしないということは、実際不可能だと思いますが、浪費が全くないというのも、人生損しているような感じがします。

もちろん、浪費が多すぎるのは問題外ですが、ほどほどにあった方が、バランスよく生活できるのではないでしょうか。

浪費が全くない生活は、ストレスが溜まってしまいそうです。

何事もほどほどが一番です。

こちらの記事もいかがですか?

ほとんど使用しない自家用車をずっと保持していたことはさすがに浪費だったと思います。

使用しなくなった段階ですぐに売り払うべきでした。

以前、私は車を持っていましたが、週に1回乗るか乗らないかの頻度でしたので、売却したことがあります。 簡単に売れるとは思っていま...

医療保険も浪費に入る気がします。

月払いだとあまり実感がありませんが、保険というものは、人生の中でもかなり高価な買い物になります。 今まで偉そうなことを書いてきましたが...

本日もお読みいただきありがとうございました。

では、また明日。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする