マネーフォワードにポイントを連携しない理由

最近、マネーフォワードからポイントを連携して管理しましょうといったメールがよくやって来ます。

これは何なのでしょうか?

最近新しくポイントも連携できるようになったのですかね?

マネーフォワードにポイントを連携することで、残高の確認はもちろんのことながら、ポイントの有効期限を知らせてくれるようですね。

プレミアムサービスに登録する必要があるようですが。

なるほど。

確かに便利そうです。

私も、楽天ポイント、Tポイント、Pontaポイント等様々なポイントを持っていますが、それぞれどれくらい所持しているのか把握しておりません。

せいぜい把握しているのは楽天ポイントくらいです。

ですが、私はポイントを連携することはしません。

ポイントを連携すると、所持しているポイントも総資産に含まれてしまうんですよね。

現在、REXカードを登録していますが、先日REXポイントが反映されるようになり、そのポイントが資産に追加されるようになりました。

ただ、私の中では、ポイントは資産としてカウントしたくないのです。

スポンサーリンク

流動性の問題

それぞれのポイントは、以前よりも広範囲にわたるようになり、ほぼ現金同様使えるようになってきました。

が、やはり『ほぼ』です。

円と同様にはやはり使用できません。

各ポイントを現金化する方法はいくつかありますが、等価交換することが出来ないこともあり、やはり資産としては心もとないです。

信用の問題

もう一つは、信用度の問題ですかね。

円は日本政府の信用の元で発行されています。

経済状況によって、その価値には多少の変化が出てきますが、基本、大きく変わることはないでしょう。

対してポイントは、一企業の信用の元発行されます。

つまりは、簡単にルールを変更出来てしまいます。

最悪無くなってしまう可能性も否定できません。

今までも色々なポイント制度が改悪されてきたわけですしね。

そういったこともあり、やはりポイントを資産に組み込むのはいささかためらわれます・・・

無論、出来る限りお得にポイントを貯めて、使用できるように試行錯誤はこれからもしていきますが。

個人的には、ポイントは利用した時点で、その分を臨時収入として扱っています。

今のところ、これが一番しっくりきます。

しかし、Pontaポイントも連携出来るということは、Pontaポイントを確認出来るWebサービスがあるということですね。

Pontaはほとんど使っていなかったのであまり詳しく調べたことがありませんでしたが、そう言えばローソンでお試しクーポンなるものがお得だということは耳にしたことがあります。

これを機に、少しPontaポイントの貯め方、使い方についても研究してみることにします。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする