ものすごい勢いでFirefoxがクラッシュするので、色々確認してみました

現在、Firefoxをメインに使っているのですが、最近、ことあるごとにクラッシュして、いきなり強制終了になってしまいます。

WordPressでブログを書いている最中ですが、もう何回もクラッシュして、作業が中断されているので、Wordにいったん下書きをしている最中です。

いや、冗談抜きで、1行書くごとにクラッシュして消えてしまいます。

幸い自動保存されているので、そこまで致命的な状態にはなっていないのですが。

ただ、ブログ程度ならいいのですが、ネットショッピングをしている間にこのような状態になってしまったらたまったものではありません。

同じ品物を二重に購入してしまうかもしれません。

と、愚痴を吐いても仕方ないので、知識のない私は、まず以下の事を確認しました。

スポンサーリンク

Firefoxが最新版になっているか確認する

自動で更新されるようになっているので、まず間違いなく最新版だとは思うのですが、一応確認します。

1:メニュー(右上の3本ラインのマーク)を開く。

2:ヘルプメニュー(下側の?マーク)を開く。

3:『Firefoxについて』をクリックする。

結果、『Firefoxは最新バージョンです』となっていました。

Windowsが最新版になっているか確認する

この前、Windows10 Creators Updateをしたばっかりなので、恐らく大丈夫かとは思いましたが、念のため。

Windows10の場合は、

1:『Windows』キーと『X』を同時押しして、出てきたメニューから『設定』をクリック。

2:『更新とセキュリティ』をクリック。

3:『更新プログラムをチェック』をクリック。

しかし、『お使いのデバイスは最新の状態です』となり、特に問題なし。

プラグインや拡張機能を確認

これらが最新の物になっているか、チェックします。

1:メニュー(右上の3本ラインのマーク)を開く。

2:『アドオン』をクリック。

3:アドオンマネージャーが開くので、『プラグイン』や『拡張機能』を確認。

すると、拡張機能に『旧式』のラベルが貼ってあるものがありますね・・・

拡張機能についている『旧式』の意味

前はこんな表記はされていなかったと思うのですが。

mozilla supportを確認してみると、2017年11月リリース予定のFirefox57からは、新しい技術によって作られたアドオンのみが動作するようになるとのこと。

注記: 2017 年 11 月にリリースされる予定の Firefox 57 からは、新しい技術によって作られたアドオンのみが動作するようになります。

と書かれていました。

『旧式』と書かれているプラグインは、作動しない可能性があるらしい。

でも、これは、今回のクラッシュと関係あるのでしょうか?

セキュリティソフトにも『旧式』と書かれてしまっていますが、止めるわけにもいかないですし・・・

と、ここまで書いていて思ったのですが、今はほとんどクラッシュしなくなっていますね。

時期的な問題なのでしょうか?

しばらくは様子を見てみたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする