特定口座に残った信託報酬が高い旧ファンドはどうすべき?

現在、私はいくつかの投資信託を保有しておりますが、それぞれiDeCoとつみたてNISAを利用しており、特定口座で積み立てることが無くなってしまいました。

具体的な商品に関しては以下のようになっております。

1か月遅れでですが、ようやく積み立てる商品を設定出来ましたので、ご紹介します。 まずは結論から。 積み立てる商品 ・eMA...

国内株式と新興国株式部分をつみたてNISAで。

先進国株式部分をiDeCoにて運用中です。

それぞれ低コストな商品なので、当分はこのポートフォリオで積み立てていきたいと思っております。

さて、そこで気になるのが、現在特定口座に残っている、信託報酬が高めのファンドです。

高めと言っても、以前であれば最安値でしたが・・・

今後、これらの商品を購入する人は減っていくでしょうし、解約する人も出てくるのではないでしょうか?

これらをどうするのが良いか考えたところ、以下の様な対策を思いつきました。

スポンサーリンク

そのまま保持

信託報酬の差なんて気にせず、とりあえずそのまま保持しておくという選択肢。

メリットとしては、やはり余計な手間がかからないということが挙げられますかね。

しかし、私の投資額からすれば大した差は無いのかもしれませんが、せっかくより信託報酬が低い商品があるのに、なんかもったいない感じもあります。

リバランスする際に売却

つみたてNISAやiDeCoを利用する上で困るのが、資産配分が崩れてきてしまった場合です。

それぞれ売却したり購入したりするのに一定の制限がありますので、リバランスしにくい部分があります。

その点、特定口座であれば、優遇される部分はありませんが、売買は問題なく可能ですので、リバランスが必要になった際、信託報酬高めのファンドを売却するという選択肢。

まぁ、結局リバランスするまでそのまま保持しているので、上の選択肢とそこまで変わりませんが。

そもそも、私は基本的にノーセルリバランス派なんですよね・・・

信託報酬の安い商品に買い替える

利益が出ていると税金を取られてしまいますので、損失が出たときに信託報酬が高い商品は全売却して、新たに信託報酬が安い商品を購入するという選択肢。

面倒ですが、これが一番無難なのか?

もちろん、信託財産留保額分は引かれてしまいますが、後々高い信託報酬をずっと払い続けるよりはよいでしょう。

しかし今さらですが、それぞれ別々の選択肢にする必要はないですね・・・

損失が出るまで保持していて、損失が出たら信託報酬が安い商品に乗り換えて、リバランスが必要になったらそれらを利用してリバランスする。

これでいいのか。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする