大切にしていきたいこと:健康・体力維持

基本、私は変化に弱い人間です。

変化が必要な際には、悩んで悩んで悩みまくります。

それでも、今までなんだかんだ言って色々と変化してきました。

しかし、今後、これといった方向性もなく、色々なものに手を出したとしても、大したものは得られないでしょう。

いや、最終的にどうなりたいかという目標はおおよそ纏まってきたのです。

そこで、今後、自分はどういうことが必要かを考え、メモっていきます。

スポンサーリンク

健康・体力維持

老後貧乏関連の本を読むと、長生きリスクがよく言われます。

100歳まで生きるのは特別なことではなくなってくる。

そして、年金だけでは生活できないので、その辺りをどう対処していくのかということを若いうちから考えて実践していかなくてはいけないと。

これはまぁその通りなのだと思います。

しかし、日々のニュースを見てみれば、若くして大病を患ってしまった方や亡くなられた方のニュースが耳に入ってきます。

全体の割合から見れば長生きリスクの方が高いのかもしれません。

だからと言って、長生きリスクばかりに対策が偏るのもどうなのでしょうか?

自分に残されている時間も、実は自分が考えているほど多くはないのではと思うこともあります。

いざ自由になって、やりたいことをやろうと思ったら、体が思うように動かなくなってしまったということも十分にあり得ることです。

対策

で、対策ですが、これはまだ勉強中です。

以前、リスクについて書きましたが、この辺りの事は防止することになるのでしょう。

人間生きていれば、様々なリスクと向き合うことになります。 給料が下がるリスク 健康を損なうリスク 生きがいを見失う...

というわけで、運動法や健康法を見てみましたが、まぁ色々なことが書かれております。

恐らくは投資と同じで、人によって向き不向きがあるのではないでしょうか?

具体的にどうするのかはこれから考えるとして、まず考えられるのが運動ですかね。

ちなみに現在も、休みの日は30分くらいランニングをしていますが、残念ながらこれではまるで足りないようですね。

もう一つ考えられるのが、料理スキルを上げること。

節約家は自炊が当たり前という方が多い中、私はあまり得意ではありません。

栄養に関してもまるで分かっていません。

節約にも役立つと思いますので、料理のレパートリーを増やし、栄養についても少し勉強をしていきます。

というわけで、運動と料理。

この辺りは節約しすぎても、将来の医療費に跳ね返ってくることになりますので、そのバランスをとって見極めていこうかと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする