複数種類の品物を1回の買い物で購入したとき、家計簿にはどう入力する?

タイトルがいまいち分かりにくいですね。

例えばこういう時です。

ある日、とあるスーパーで、食品と生活雑貨をそれぞれ何点か購入しました。

さて、レシートを見ると、当然ですが、購入した食品と生活雑貨それぞれの値段が書かれています。

そういったときに、家計簿にどう入力するかといったお話です。

まぁ、結論を言ってしまえば、自分のやりやすいようにつければいいのですが・・・

ただ、家計簿をつけ始めたころは、どうやって入力すれば良いのか悩んでいました。

1品1品家計簿に入力していたこともありましたし、大体の範囲で食品と生活雑貨に切り分けて入力していたこともありました。

で、現在はどうしているかというと、比率が高かった種類にまとめて入力してしまっています。

今回の例でいうと、食品の方が多く、生活雑貨の方が少なければ、全て食品扱いにして入力しています。

理由は以下。

スポンサーリンク

入力するのが面倒くさい

もう、レシートの合計金額を入力するにとどめておきたいのです。

マネーフォワードとかを利用していても、1回の買い物でかかった、それぞれの種類の金額までは分かりませんからね。

先ほども言った通り、以前は1品1品入力していったのですが、割引があったり、消費税を入力していたりすると、段々面倒になってきます。

家計簿をつけるということは、あくまでも節約するための手段であり、目的ではないので、そこに時間をかけずに、続けることを第一目標として掲げています。

そこまで大きく狂わない

これは私の場合のみかもしれませんが・・・

比率が少ないものを、他の種類にまとめたところで正確性が大きく崩れるかと言うと、そういうわけでもなかったのですよね。

1品1品入力する方式から、適当にまとめる方式に変えたところで、大きく各種目の比率に変化があったというわけではなかったのです。

元々比率が少ないので、私の場合、誤差は数百円単位だと思われます。

1回の買い物で使用する金額も大した額ではないので。

家計簿の中で、大きな金額と言うと、家賃、保険料、車、携帯あたりの部分だと思うので、普段の買い物のレシートくらいで少しくらい誤差があっても大して変わらないのではないでしょうか。

そういうわけですので、とりあえずはこの方式を続けていく予定です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする