楽天証券を使うために自動入出金(スイープ)設定を行いました

さて、楽天証券でつみたてNISAを始めるわけですが、実は基本的な使い方をあまり分かっていません。

というのも、今まではポイントでの購入しかやったことがないのです。

大分出遅れた感がありますが。 以前、楽天ポイントの使い道を書きましたが、変更します。 固定ポイントについては、投...

まずは、どうやって楽天証券へ入金しなければいけないのかというところから始めなければならないのです。

と調べていたら、どうやら楽天銀行と楽天証券の口座を開設し、マネーブリッジの設定を行っていれば、自動入出金(スイープ)設定が出来るということが分かったので、実際に設定してみました。

スポンサーリンク

自動入出金(スイープ)とは?

住信SBI銀行とSBI証券のハイブリッド預金のようなものです。

SBI証券も、住信SBIネット銀行の口座を開いていれば、わざわざSBI証券へ入金しなくても、住信SBIネット銀行のハイブリッド預金から投資信託を購入してくれます。

同じように、スイープ設定をすれば、わざわざ楽天証券へ入金しなくても、投信を購入するときは、楽天銀行から自動的に引かれ、投信を購入することが出来るというわけです。

住信SBIネット銀行は、普通預金からいったんハイブリッド預金へ振替することが必要でしたが、楽天銀行の場合は、そういったものはなく、普通預金からそのまま引かれる様子。

いちいち振替しなくて済む分便利のような気がします。

ただし、事前に楽天銀行と楽天証券のマネーブリッジをしておくことが必要。

まあ、楽天銀行と楽天証券の口座を持っていれば、普通マネーブリッジの設定をしていると思うので、そこはそれほど面倒ではないかと。

自動入出金(スイープ)設定方法

1:楽天証券にログイン後、右上にある「マネーブリッジ」をクリック。

2:下へスクロールすると、スイープの欄があるので「設定する」をクリック。

3:まずは、証券口座にいくら残すかを設定。

例えば、投信を売却した際に、全額楽天銀行へ移すことなく、いくらかは楽天証券の方へ残すことが出来るということ。

とは言え、スイープ設定できれば、楽天証券へ残しておくメリットがないので、私は0円と設定しました。

4:取引暗証番号を入力し、「設定変更」をクリック。

問題なく設定出来れば、「マネーブリッジ自動入出金(スイープ)設定が完了しました」というメールが流れてきます。

そうこうしている内に、この前、たわらノーロード先進国株式を売却した分の金額が、楽天銀行の方に戻ってきました。

題名の通りです。 先日、今まで積み立ててきました「たわらノーロード先進国株式」を全て売却いたしました。 今まで積み上げて...

しっかり設定できた様子。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする