確定拠出年金について(その3:何を購入すれば良いのか)

前回からの続きです。

前回はこちら 無料で出来るの? 出来ません。いくらかコストがかかります。 お金を増やすための制度なのにお金がかかる...

スポンサーリンク

投資とかやったことないけれど、どの商品を購入すればいいの?

正直、個人の状況によって変わるのでなんとも言えないです。

ですが、それだと話が進まないので、以下の4通りを考えてみました。

前提条件として、使用する証券会社はSBI証券とします。

1:元本保証型のみ

元本が減るかもしれないなんて我慢できない。そんな増えなくてもいいから、とりあえず確定拠出年金をやりたいという方向け。

『あおぞらDC定期(1年)』や『スルガ確定拠出年金スーパー定期1年』などが該当。

メリット

・元本は減らない

・簡単

デメリット

・リターンはほとんど望めず、手数料の方が多くなってしまう。

2:バランスファンドで運用

一時期の損失なら受け入れるから、より大きなリターンが欲しい。だけど、資産クラスとかを選ぶのは難しそうという方向け。

『大和-iFree 8資産バランス』などが該当。

メリット

・簡単

・元本保証型に比べれば期待リターンは高い

デメリット

・元本が減る可能性がある。

・自分のいらない資産クラスが入っていることもある。

3:確定拠出年金口座にて、各資産クラスを購入

この際、いい機会だから、自分でリスク・リターンを計算して、『国内株式』『先進国株式』『新興国株式』などそれぞれ別々で購入しようとする方向け。

自分で商品を選定して購入。

メリット

・自分のリスク・リターンにあった商品で運用できる。

デメリット

・拠出出来る金額が少ない方は、それぞれの資産クラスを購入するのは難しい。

・手間がかかる。

・元本が減る可能性がある。

4:特定口座やNISAも合わせて開設し、それを含めて資産配分を考える。

確定拠出年金だけではなく、特定口座(普通の証券口座のこと)やNISAも一緒に開設して、全体で資産配分を考えようという方。

私はNISAは開設していないのですが、このパターンに当たります。

メリット

・自分のリスク・リターンにあった商品で運用できる。

・確定拠出年金内で拠出額が少なく、もっと掛金を多くしたい場合、他の口座で代替品を購入可能。

デメリット

・手間がかかる。投資をしたことがない方が一気にここまで行うのは難しいと思う。

・元本が減る可能性がある。

ちなみに、どのパターンでも、節税メリットは得ることが出来ます。

最後に

投資は自己責任です。

そもそも、この制度を利用するかどうかも当然自己責任です。

残念ながら、自分の年金を自分で運用しなくてはならない時代になってしまいました。納得がいかないところもありますが、これが現実です。国や企業ですら責任が取れないのですから、だれも責任を取ってくれません。数十年後に後悔しないためには、自分で良く調べ、考え、納得して利用しないといけないでしょう。

私を含め、色々な方が良い制度だと勧めていますが、色々と制限が多いのもまた事実です。金融機関や金融商品によっては、長期投資に向かない商品だってたくさんあります。そういった中で、無理に確定拠出年金を利用しても、資産の増加は見込めません。こうしたデメリットにまで目を向けた結果、利用しないというのも考え方の一つとして大いにありだと思います。

本日もお読みいただきありがとうございました。

では、また明日。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする