住民税の決定通知書が来たら確認すること

ノート

毎年6月になると、『給与所得等に係る市民税・県民税 特別徴収額通知書』みたいなものが届きます。

節約やら節税に対して興味が無かったころは、書いてある意味も分からずすぐに捨ててしまっていました。

裏の説明書きを見ても、何を言っているのかさっぱり分からない・・・

といっても難しく考える必要はなく、要は

6月~来年5月までに払ってもらう住民税の額が決定したから確認してね♡

というだけの用紙です。

さて、この用紙が届きましたらとりあえず以下の内容を確認しているのですが、毎年確認の仕方を忘れてしまい、調べているので、この際ここにまとめておきます。

スポンサーリンク

今年払う住民税がいくらなのか?

まぁ、これは特段書くことはないですかね。

ぺりっと紙を開けば『納付額』の欄がどこかに出ているので、それを確認すればよいだけです。

これをなるべく下げるために、ふるさと納税とかを活用しているわけです。

昨年申告したふるさと納税分がしっかり控除されているか?

控除されていないということはめったにないと思いますが・・・

以前、似たようなことがありましたので、一応確認するようにしています。

少々記事にするのが遅かったような気もしますが・・・ 払いすぎた税を返してもらうためにも、確定申告が必要です。 し...

確認する場所は『(摘要)』欄です。

そこに『市民税税額控除額』やら『県民税税額控除額』やら書かれているかと思います。

そこに『寄付金』という欄があり、そこに昨年ふるさと納税した分が書かれていればしっかり控除されているということです。

問題は『(摘要)』欄に何も書いてくれない自治体です。

そういったときは、しょうがないので『税額』欄を確認します。

『市民税』、『県民税』ともに『税額控除額⑤』という項目があるかと思います。

ふるさと納税分が反映されているとしたら、ここに反映されているはずです。

注意点として、ここに書かれているのはふるさと納税分だけではないということ。

先ほどの『(摘要)』欄には、

  • 調整
  • 住宅
  • 寄付金
  • その他

など色々書かれているかと思いますが、これを全部足したものが『税額控除額⑤』に反映されます。

よって、『税額控除額⑤』には『寄付金』、いわゆるふるさと納税分以外の金額も反映されていることをお忘れなく。

今年はいくらくらいふるさと納税が可能か?

これは事前にある程度の予測はつきますが、より詳細に自分で計算したい場合には、これを見ながら計算しています。

まぁ、そんなことしなくても今では優秀なシュミレーターがいたるところにありますのでそちらを使えばよいのですが、念のため。

自分で計算すれば、どういうふうに住民税が決定されているのかも分かってきますしね。

これくらいでしょうか?

さて、今年もふるさと納税を行わなくては。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする