iPodを売却する際、気を付けておくこと

今まで、使わないものはその都度売るなり処分するなりしてきたつもりなのですが、最近6年ほど前に購入したiPodが出てきました。

個人的には、音楽聞くのにiPodは使わないですね。

スマホがあればそのあたりの事は、事足りてしまいます。

それに、6年間も使っていなかったのだから、もう使わないだろうと考え、売却することに決めました。

さて、売却する際、気を付けておいた方が良かったと思ったことをいくつか。

スポンサーリンク

iPodを初期化する

店舗によっては、売却する際に初期化もしてくれるところがあるそうですが、念のため、iPodを初期化します。

1:PC上で、iTunesを起動します。

2:iPodをPCに接続します。

3:「デバイス」欄から「iPod」を選択。

4:「復元」をクリックします。

これで初期化完了です。

充電はフルにしておく

充電をしていないと、店員さんは、まず充電するところから始めなければなりません。

そうでなくてもいくつか確認事項があるかと思いますので、不必要な手間を取らせることになります。

そして、こちらも結構長い間、待つことになります。

お互いのためにも、念のため充電をフルにしておいた方が吉です。

6年前のiPodだから、数百円程度かと思ったのですが、査定をしてもらったら、4,000円ほどでした。

結構高額で売れるものなのですね。

つまり、4,000円以上の値段で買う人がいるということですか。

さすがApple。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする