マネーフォワードで2段階認証を設定する方法

各種口座を把握するのに便利なサービスとして有名なマネーフォワード。

非常に便利な反面、扱っている情報は非常に重要なものばかり。

なるべくセキュリティを高めた方が良いのは言うまでもありません。

そのセキュリティを高める手段の一つとして、2段階認証というものがありますので、今回はその設定方法と設定したらどうなるのかをお伝えします。

スポンサーリンク

2段階認証の設定方法

1:画面上部にあるメニューにある「設定」をクリックします。

2:画面を下にスクロールしていくと、最後の方に「セキュリティ設定」の欄があります。

そこに、「マネーフォワードへのログイン時に2段階認証を実施する」という項目があるので、そこにチェックをつけます。

これだけです。

これで、次回ログイン時から、2段階認証が適用されます。

2段階認証が適用されるとどうなるのか

何も設定しない状態だと、メールアドレスとパスワードを入力すればログインが可能です。

しかし、2段階認証を設定すると、メールアドレスとパスワードを入力した後、2段階認証用の画面が出てきます。

と、同時に、登録しているメールアドレスに、マネーフォワードから2段階認証用のメールが届きますので、そのメールに書かれている番号を打ち込むことで、ようやくログインすることが出来るようになるのです。

メールアドレスとパスワードが、万が一漏れてしまっても、マネーフォワードから届いたメールを確認する必要があるので、不正ログインをされる可能性は低くなります。

端末の登録は必要か?

ちなみに、2段階認証をしてログインした後は、「2段階認証を確認し、今回ログインした端末を登録しました。」と出てきますが、私はすぐさま削除しています。

端末を登録すると、その端末からは、2段階認証なしでログイン出来てしまうので。

メリット、デメリット両方ありますが、個人的にはどの端末からも2段階認証が必要となるように設定しておきたいのです。

2段階認証用のメールを受け取るアドレスを変更したい場合は

ちなみに、2段階認証用のメールを受け取るアドレスを変更したい場合は、同じく「設定」の中にあります、「メールアドレス」の欄を確認します。

そこからメールアドレスの変更が可能です。

とは言え、このメールアドレスを変更すると、2段階認証だけではなく、マネーフォワードから届くすべてのメールがそちらのアドレスに届くことになります。

2段階認証のみのアドレスを設定することは出来ないようです。

ちなみに、メールアドレスとパスワードを入力したのに、2段階認証用のメールが来ない時の対処法はこちらになります。

各種口座を把握するのに便利なサービスとして有名なマネーフォワード。 私も利用させてもらっています。 無料会員ですけれど、十分すぎ...

便利なサービスなので、出来るだけリスクを減らして、安全に使いたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする