野村証券のiDeCoの方が良かったと思うこと

現在、私は野村證券からSBI証券にiDeCo口座を移しています。

理由は、口座管理手数料がさらに安くなり、低コストな投資信託が購入可能なためです。

しかし、野村證券の方が良かったこともありますので、今回はそのことについて。

スポンサーリンク

コールセンターが使いやすい

まず、フリーダイヤルです。通話料無料です。

携帯(090で始まる番号)から利用することが出来ました。

そして、平日は21時まで受け付けており、土日は17時までですが利用可能です。

私なんかは、平日なかなか電話をすることが出来ないので、この点は非常に助かりました。

2,3回利用しましたが、特に問題なかったです。

SBIにもフリーダイヤルが書かれていましたが、携帯からでは利用することが出来ませんでした。

今後変更されるかもしれませんが。

移管時手数料が無料

移管時手数料とは、他の金融機関や企業型DCに移行するときに、運営管理機関に支払う料金です。

無料のところもあれば、手数料がかかるところもあります。

野村証券では無料でした。

SBIでは4,000円ほどかかってしまうようです。

手数料を設定されると、他の金融機関に移りにくくなりますね。

でも、今後、何らかの理由で、企業型DCに入らざるを得なくなった時など、4,000円も持っていかれるのは辛いものがあります。

現在のSBI証券なら、メリットが大きいので特に問題ないのですが、だからと言って今後ずっと同じサービスを使っていくかと言えば、それもまた分かりません。

この辺りは、今考えてもどうしようもないので、その時が来たら、また対策を考えたいと思います。

本日もお読みいただきありがとうございました。

では、また明日。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする