個人賠償責任保険は、入った方が良い保険

入る必要性が高い保険として、個人賠償責任保険が挙げられます。

保険の基本的な考え方である、『起こる確率が低いものの、一旦起きたときには高額の資金が必要になる事態に最も適している』というのに合致しているからです。

スポンサーリンク

個人賠償責任保険とは?

簡単に言えば、生活をしている中で、誰かの身体や物に損害を与えてしまい、賠償しなくてはならなくなった際に、利用できる保険です。

なぜ必要なのか?

ぱっと思い浮かぶのは自転車事故でしょうか。

平成20年に神戸市で起きた自転車事故では、詳細は省きますが、判決によって9500万円の支払いが命じられました。

他にも、横浜市で起きた事例では、5000万円の支払いが命じられ、大阪で起きた事例では2500万円の支払いが命じられました。

このように自転車事故では、千万円単位で支払わなければならない事例が少なくありません。

そういったときに役立つのが、この個人賠償責任保険です。

対象外

誰かの身体や物に損害を与えてしまった場合でも、保険金が支払われない例もあります。

・わざとケガをさせた、壊してしまった場合

・一緒に住んでいる家族に対して損害を与えてしまった場合

・他の人から借りたものを壊してしまった場合

などなど、他にもありますが、このような場合は、保険金が支払われません。

保険料

商品によって違いますが、およそ月額数百円程度です。

個別では入れない

便利な保険なのですが、基本的に、個人賠償責任保険単体で契約することは出来ません。

・クレジットカードについている

・火災保険についている

・自動車保険についている

など、各種保険に付随してついていることが多いです。

賃貸に住んでいる方は、火災保険を契約しているはずなので、もしかしたら知らずに入っているかもしれません。

ただ、支払限度額が低めになっているかもしれないので、一度確認をお勧めします。

支払限度額

商品によって違いますが、上記の例で見る限り、1億円はあった方が無難かと思われます。

私が加入している保険

日新火災の『お部屋を借りるときの保険』を利用しています。

最安値で年間保険料が4,000円なので、月額333円程度になります。

これ自体は家財保険(火災保険)ですが、個人賠償責任保険が付随しており、支払限度額は1億円となっています。

さらに、示談代行サービスもついていますのでお勧めします。

本日もお読みいただきありがとうございました。

では、また明日。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする