Twitterアカウントは持っているけれど、未だに一言も呟いていない理由

題名の通り、Twitterアカウントを所持してはいますが、まだ何も呟いたことがありません。

Twitterは呟くためのツールだとは思うのですが、今回は、なぜ一言も呟いていないのかを書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

情報収集として利用している

そもそもTwitterを使い始めた経緯が、いろいろ呟いてみようとかそういったことではなく、お得な情報を効率的に集めようと思ったのがきっかけでした。

Feedlyと似たような感覚でしょうか。

Twitterでも更新情報をいち早くゲットできます。

Feedlyでブログの更新情報だけ押さえておけば良いかとも考えたのですが、ブログに書かれていないことでも、ためになる情報はたくさんありますので、やはりTwitterを併用しています。

単純に使い方を分かっていない

ツイート、リプライ、リツイートなどの区分けをあまり分かっていません。

何となくは分かるものの、使いこなせる自信は全くありません。

こういうのは、実際に使ってみないとやはり身につきませんね。

余計なことを言ってしまう可能性がある

これは、Twitterに限らず、ブログでもそうなのですが。

ブログを書き始めて1ヶ月が経とうとしています。 1ヶ月経っても、ブログの内容にレベルが上がったような感覚はなく、とにかくがむし...

ただ、Twitterは簡単に呟くことが出来るので、その分、推敲する機会や時間がブログと比べると少なくなります。

呟かなくていいことまで呟いてしまいそうです。

そうは言っても、ブログだって、1年前は書こうなんて少しも思っていませんでした。

なので、Twitterも前言撤回し、来年には普通に呟いている可能性もありますけどね。

本日もお読みいただきありがとうございました。

では、また明日。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする