ネットを見る時間を減らさざるを得ないがこれはこれでメリットがある

パソコン

iPhone5sをiOS11にアップデートしてから、間違いなくバッテリーの減りが速くなってしまいました。

先日、iOS11が出てから、そこそこ経ちましたので、今回アップデートしてみました。 大体、iOSの大型アップデートの際に、すぐ...

そもそも表示もおかしい。

100%あったものが、次の段階で80%になり、そして50%前後となり、40%になり、そしていきなり20%となり・・・

なんで10%単位でバッテリーが減っていくんですか。

充電するとその逆で、いきなり20%近く回復することもしばしば。

いずれにしろ、今までの使用方法だと1日どころか半日ですら危ういので、スマホを使う時間を極力減らしています。

ネットを見る時間もおよそ3分の1程度になり、SNS関連はほぼ完全にシャットアウト。

では、その代わりに何をしているかと言うと、図書館から借りてきた本を読んで過ごしています。

最初はどうかと思いましたが、慣れればそこまで苦にならないです。

むしろこれはこれでメリットがあります。

スポンサーリンク

惰性で過ごす時間を減らす

ネットやSNSを見ていると、惰性的に目移りして色々なページを見てしまいます。

何かを集中的に調べているときは良いのですが、こういった目的もなくネットサーフィンしていると結局何も頭に入ってこなかったということは結構あります。

それに比べて本を読むということは、自分が知りたい、学びたいと思っている知識を集中して学習できるというメリットが挙げられます。

荷物が増えるというデメリットもありますが。

kindleでもいいのですが、個人的な優先順位は図書館の方が上なので。

図書館にあるものをわざわざ購入しようとは思いません。

個人的に、kindleで購入する場合と言うのは、

1:図書館にない場合

2:kindleセールをやっている場合

3:図書館で順番待ちが激しい本の場合

4:図書館で借りて読んでみたら、非常に面白く手元に置いておきたいと思った本の場合

です。

そう言えば以前読んだ『反応しない練習』でも書いてありましたが、目的もなくスマホを見ている時間を減らすことで、余計な反応を減らす効果もありそうです。

『反応しない練習』(草薙龍瞬著)を読みました。 著者の草薙龍瞬氏は仏教徒の方なんですね。 現在、インドで仏教徒ととも...

ただ、このバッテリーの持たなさ具合は、日常生活に支障がでるレベルなのでなんとかした方が良いのも事実。

タップしてもなかなか動かないというように、スマホの反応にも問題がありますし。

近いうちに、スマホの買い換えも検討しましょうか。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする