節約出来ないと考えている人は、すでに節約への第一歩を踏み出している

ごくまれに、当ブログに『節約できない』というワードで検索される方がいらっしゃるようです。

ふむ。なんか切実な様子が伺えますね。

『節約したいんだけど、どうしても出来ないんだ!』みたいな。

しかし、そう考えてみると、このブログ、節約のカテゴリーはあるにはありますが、あまり具体的に節約ネタが書かれていませんね・・・

何も有用なお話を提供できず心苦しいのですが、しかし、そこまで節約できないことをそこまで気にする必要はないと思うのですよ。

スポンサーリンク

そもそも無駄遣いしている感覚さえ持ち合わせていなかった

少々、マインド的なお話になりますが。

何回か似たような内容を書いていますが、そもそも私は節約云々の前に、無駄遣いをしているという意識さえ皆無でした。

家計簿はなんとなくつけていましたが。

当然、貯金は貯まりません。

あるときに、ふと、将来もらえる年金額を確認してしまったがために、節約の勉強を始めることにしました。

節約出来ないと感じている方は、少なくとも節約しようと考えているわけですので、そういった点ではそこまで気にする必要はないかと思います。

当時の私含め、無駄遣いしているとさえ感じていない人がほとんどではないでしょうか?

私自身、もう少し早く気づいていればと思うときはあります。

自分なりのやり方を探していった

『いや、そんなことを聞きたいのではなく、具体的にどうすれば節約できるのかを聞きたいんだ。』という方もいらっしゃるかもしれません。

そう言われてしまうと困ってしまうのですよね。

私も、そこまで節約が出来ているほうではないですし。

よく言われるのが『固定費を削減しよう』とか『先取り貯蓄をして残りの金額で生活しよう』とかいう内容でしょうか。

例えば、先取り貯蓄なんかは、行動経済学のメンタルアカウンティングで説明出来ますので、学術的にも効果があると証明されているということになるでしょう。

ですが、この辺りの方法論も、合う人合わない人がいますからね。

自分に合う内容を探していくしかありません。

私も先取り貯蓄はやっていないですし。

個人的には具体的な目標を立ててから変わり始めてきましたね。

なぜ、節約するのか?

このままだとお金が貯まらなくて、将来が不安だから・・・

では弱いです。

もらえる年金額がこれくらいだから、老後資金はこれくらい必要。

ということは、毎年これくらい貯めないといけなくて、そのためには毎月これくらいで生活していかないといけない。

ということは、これとこれが無駄だから削除して・・・

というように具体的に考えた結果、今何をすべきかが明確になりました。

結局、具体的な節約法が書かれていないですね・・・

スポンサーリンク

シェアする

フォローする