車売却体験記:その2

前回の続きです。

一括査定に申し込んで、ようやく各社、見積の日程が決まりました。

スポンサーリンク

想像していたのとは違った査定

最初は、1日1社のペースで対応していきました。

さて、最初の業者がやってきました。

車に傷がないか等、丁寧に確認しています。一通りの確認が終了すると、こう尋ねてきました。

『いくらくらいで売りたいとお考えですか?』

いくらで売れるのかはむしろこちらが聞きたかったのですが。

とりあえず、一番高く見積もってくれたところにしようと思っている旨を答えたのですが、どうも話がかみ合いません。

次の日、また業者がやってきます。

車に傷がないか丁寧に確認しています。一通りの確認が終了すると、こう尋ねてきました。

『いくらくらいで売りたいとお考えですか?』

どこかで見たことがあるようなやりとりです。

『基準が出せないとこちらも金額が出せない』と言われてしまいました。

基準?金額が出せない?

さらに次の日。また別の業者がやってきます。

車に傷がないか丁寧に確認しています。一通りの確認が終了すると、こう尋ねてきました。

『いくらくらいで売りたいとお考えですか?』

ようやく意味が分かってきた

3日目くらいからようやく、この質問の意味が分かってきました。

査定とは言っているものの、内容はオークションのようなものと理解しました。

つまり、こちらはいくらで売りたいということを明確に提示し、各業者が『では、うちはいくらで買い取ります』ということをアピールしていく。

だから、基準を出してくれということらしいです。

なので、3日目終了後、自分の車の相場はいくらなのかを調べ、次の日からは相場+3万円程度の値段を提示していきました。

こうすることで、うちは無理です、とか、うちはこれくらい出せますといったやり取りが出てくるようになりました。

最終的に、相場+5万円を提示していただいた業者に買い取ってもらいました。

あくまでも私の経験です。他の場面では違う内容になりうるかもしれません。

本日もお読みいただきありがとうございました。

では、また明日。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする