アイリスオーヤマの電動シュレッダーを5年使って感じたメリット・デメリット

別に大して重要な書類があるわけではないですが、時々個人情報を含む書類が届きますので、そういった書類は定期的にシュレッダーにかけています。

以前は、100均で売っていた手動式のシュレッダーを使用していました。

あのハンドルをぐるぐる回して、書類を裁断していくタイプのものです。

100均で売っていましたが、確か100円ではなく、500円くらいだった記憶があります。

こちらの手動式のシュレッダーも3年ほど使用していましたが、ハンドルを回すのが疲れる、時間がかかる、ハンドルが取れやすいといったデメリットがありました。

そして、刃が摩耗したのか、裁断できなくなってしまったため、この機会に電動シュレッダーを購入しようと思ったのです。

当時は、電動シュレッダーの違いや性能がよく分からなかったので、Amazonで一番安かった、アイリスオーヤマの電動シュレッダーを購入。

かかった費用は2,500円程度。

先ほど調べてみましたが、私が持っているタイプのものは、現在生産中止になっているようですね。

安物買いの銭失いになるかと思いましたが、何気に現在まで使い続けています。

良い意味で予想を裏切られましたね。

スポンサーリンク

前提条件(使用状況など)

さて、私の使用頻度ですが、大体月に1回程度、中のゴミを捨てています。

しっかりと数えたことはありませんが、大体月に10~20枚程度の書類をシュレッダーしていると思われます。

そこまで使用頻度が高くないことをご理解いただければと思います。

メリット

手動よりはるかに楽です。当たり前ですが。

コンセントを入れ、スイッチを入れ、紙を入れるだけ。

ハンドルを回して手が痛くなると言ったことは無くなりました。

早い

手動よりはるかに早いです。当たり前ですが。

シュレッダーをしている時間なんて、少ないに越したことはありません。

ものの数秒で裁断してくれます。

コンパクト

電動なので、手動のものより場所を取るかと思っていたのですが、それほどでもありませんでした。

もちろん、手動のものに比べれば大きくはなりますが、現在私が所持しているものは、幅が15㎝くらいなので、ちょっとした隙間に置いておくことが出来ます。

デメリット

音が大きい

5年前のものだからかもしれませんが、裁断するときの音は大きいです。

今はもしかするともう少し小さいかもしれませんが。

掃除機をかけているくらいの音を想像していただけたらと思います。

場所によっては、使用する時間帯を考慮したほうが良いかもしれません。

個人的には、振動音も少し気になりますので、シュレッダーを利用する際は、下に毛布やクッションなどを敷き、少しでも振動音が吸収されるようにしています。

まぁ、シュレッダーに大した期待はしていませんので、個人的には十分だと思っています。

これが壊れたときには、また安いやつを購入することでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする