SMARTalkのセキュリティ設定

以前、とある企業で、IP電話が乗っ取られてしまい、知らないうちに国際通話をしており、高額な請求が届いてしまったというような事件がありました。

確かに、IP電話という性質上、このような危険性はつきまとうことになります。

私が利用しているSMARTalkもIP電話ですので、このようなリスクが存在します。

そのリスクへの対策を綴っていきます。

スポンサーリンク

マイページへログインする際のパスワードを複雑なものに設定する

マイページにログインされてしまうと、後述するSIPアカウントが分かってしまうので、致命的です。

出来れば、定期的にパスワードを変更すると良いでしょう。

私も定期的にログインパスワードを変更しています。

SIPパスワードを変更する

マイページにログイン出来なくても、SIPアカウントとSIPパスワードが分かってしまえば、SMARTalkで発信出来てしまいます。

1つの番号を複数の端末で利用できるので、第三者が別の端末でSIPアカウントとSIPパスワードを入力することで、同じ番号を利用できてしまいます。

というわけで、私は、前述したログインパスワードを変更した際に、ときおりSIPパスワードも変更しています。

SIPパスワードを変更すると、端末の方で再度設定が必要です。

これを利用することで、端末を紛失してしまった場合など、SIPパスワードを変更しておけば、一旦は不正発信を防ぐことが可能です。

出来れば、もう少し複雑なパスワードを設定出来ると良いのですが。

国際通話に関しては、国内と同様に8円/30秒ですが、念のため使用不可にしております。

デフォルトでは使用不可。使用可能にするには申し込みが必要。

本日もお読みいただきありがとうございました。

では、また明日。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする