そろそろ投信の乗り換えを検討する

最近、また立て続けに各ファンドで信託報酬の値下げが相次いでいるようですね。

こんなに下げてしまって大丈夫なのかと少し心配してしまいますが、下がるのは素直に嬉しいです。

ここまで下がってくると、面倒くさがりな私でも、投信の乗り換えを検討してしまいます。

先進国株式に関してはニッセイさんなので、まぁ良いとして。

現在保有している国内株式は、『SMT TOPIXインデックス・オープン』、新興国株式は、『野村インデックスファンド・新興国株式』です。

国内株式、新興国株式に関しては、現在私が保有しているファンドと、信託報酬最安ファンドとの差が0.2%前後になってきました。

個人的に0.2%は、無視できない大きさです。

リターンは制御することは出来ませんが、コストは抑えることが出来るというやつですね。

ただ、気になる点としては、

・所有している金融商品が増えてしまう

・信託報酬が下がったファンドに関しては、まだ実質コストは出ていない

・まだ信託報酬値下げ競争は続くかもしれない

といったところがあります。

そして、いつもこういうことを考えている内に、また信託報酬が下がり、実質コストが出るのを待っていたら、また信託報酬が下がり、そしてまた実質コストが出るのを待つ・・・

というループを繰り返しています。

とりあえず、実質コストが出揃うまで待つか・・・

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク