私がバランスファンドを選ばない理由

たまには投資ネタでも。

先に言っておきますが、バランスファンドがダメだと言っているわけではありません。あくまでも私が利用しない理由です。

私は、インデックス投資にて

・先進国株式

・国内株式

・新興国株式

・国内債券

の4つに投資をしているわけですが、それぞれの資産クラスごとに投資信託を購入しています。

バランスファンドというのは、それ1つを買えば、上記4種類(+α)へ一度に投資することが可能です。

非常に便利なわけですが、私はいくつかの理由により利用していません。

スポンサーリンク

アセットアロケーションの比率を変更しにくい

アセットアロケーションというのは、各資産の割合みたいなものです。

私の現在のアセットアロケーションは

・先進国株式:14%

・国内株式:13%

・新興国株式:13%

・国内債券:60%

となっております。

現在、iDeCoを移管したからこのようなアセットアロケーションになっているだけであり、目標値はまた違います。

国内債券の比率が高いので、国内債券の比率を下げ、先進国株式の比率を上げたい場合は、国内債券の一部分を売って、先進国株式を一部購入するわけです。

現在進行形で行っているわけですが。

これが、バランスファンドだと、商品によってすでに比率が決まっております。

国内債券の比率を下げ、先進国株式の比率を上げたい場合は・・・

どうすれば良いのでしょう?

別の先進国株式へ投資している商品を購入するとかになりますかね。

結局、バランスファンド以外のファンドを購入することになり、管理が大変になりそうです。

ずっと、比率を変えることが無いのであれば良いかもしれませんが、リスク許容度は様々な要因で変化していくと思われますので、ずっと比率が同じということは個人的にはないと思います。

アセットアロケーションの比率が変更しやすくなれば、コストによっては購入するかもしれません。

もっとも、それは、バランスファンドが変わるというより、証券会社におけるシステムの発達で対応されるような気もしますが。

こちらが望む比率に合うよう、自動的に売買してくれるといったような。

もう、そういったシステムはあるのかな?

本日もお読みいただきありがとうございました。

では、また明日。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする