WiMAX W03で行っているセキュリティ設定:その2

前回の続きです。

スポンサーリンク

PINコードを設定

PINコードとは、端末ではなく、ICカードの方にパスワードをかけます。

設定をすると、本体の電源を入れた後、端末のパスワードを入力し、さらにPINコードを入力する必要が出てきます。

これを入力しないと、ICカードが作動せず、WiMAXが使用できません。

また、PINコードは、端末のパスワードとは違い、3回間違えるとロックがかかります。

解除にはPINロック解除コードが必要になるので、PINコードの入力は慎重に行わなくてはいけません。

『設定』⇒『基本設定』⇒『PINコード管理』

『PINコード操作』から『有効にする』を選び、現在のPINコードを入力します。

初期設定では、恐らく『1234』。

変更したい場合は、『PINコード操作』から『変更する』を選び、新しいPINコードを入力します。

WPA事前共有キーを変更する

WPA事前共有キーとは、他の機器をWiMAXに接続する際に入力するパスワードのこと。

初期値は説明書に同梱されているので、とりあえず変更しました。

『設定』⇒『LAN設定』⇒『セキュリティ設定』

『WPA事前共有キー』の値を変更します。

ネットの接続を設定した後に、この設定を行うと、パスワードが変更になるため、一旦接続が外れます。

新しく設定したパスワードを入力する必要が出るので、それが手間なら行わなくても良いかも。

さらに続きます。

本日もお読みいただきありがとうございました。

では、また明日。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする