ZenFone4 Maxで使用できるキーボードと変更方法について

ブログ

こんばんわ。ちるり~です。

今回は、ZenFone4 Maxで使用できるキーボードとキーボードの変更方法を書いていきます。

というのもですね、ZenFone4 Maxで文字、数字を入力するときなのですが、初期設定では非常に独特な作りになっておりまして、個人的に使いづらかったのです。

ちなみに私の入力方法は、何回かタップして文字を入力する方式です。

(『う』を入力したかったら、『あ』の部分を3回タップするやり方)

フリック入力の練習もしてみましたが、結局いまいち慣れませんでした・・・

スポンサーリンク

ZenFone4 Maxに最初から入っているキーボード

まずは最初から入っているキーボードです。

Google音声入力を除くと、

  • ATOK for ASUS
  • Gboard

の2種類が入っています。

初期設定では、ATOK for ASUSが設定されていますね。

キーボード自体を変更する

まずは使用しているキーボード自体を変更する方法について。

とりあえず何でも良いので、文字を入力する画面へ行き、キーボードを出現させます。

すると画面左上にキーボードのマークが現れます。

この時に、画面上端からスワイプさせると、

『Androidシステム キーボードの変更』

という欄が出てくるので、そこをタップします。

そうすることで、キーボード選択画面になり、

  • ATOK for ASUS
  • Gboard
  • google音声入力

のどれにするかを選ぶことが出来ます。

ATOK for ASUSの設定を変更する方法

次に、キーボードはATOK for ASUSのままでいいけど、その設定を変更したいという場合。

私はこちらの設定を少しいじって、自分なりに使いやすいキーボードに変更させました。

では、設定画面への行き方です。

先ほどと同じように、何でもよいので文字を入力する場面へ行き、キーボードを出現させます。

その後、『あA』や『あA1』など文字種切替ボタンを数秒間押しっぱなしにしましょう。

するとATOKメニューが出てきますので、『ATOK設定』を選択します。

色々と設定できる箇所があるので、全部を説明することは出来ませんが、今回はその中でも『テンキー』についていくつか設定していきましょう。

私は以下の設定を行いました。

入力方式

  • ケータイ入力
  • ジェスチャー入力(フラワータッチ入力)
  • フリック入力
  • 2タッチ入力

の4種類から選べます。

初期設定では『ジェスチャー入力(フラワータッチ入力)』になっており、これが独特な操作を生み出しております・・・

慣れれば使いやすいのかもしれませんが・・・

さて、最初に書いた通り、私はケータイ入力派なのですが、ここでは『フリック入力』に設定しました。

その理由については後ほど。

ケータイ入力の有効化

こちら初期設定ではオフになっていますが、これをオンにしました。

これは何かというと、先ほどの『ジェスチャー入力(フラワータッチ入力)』、『フリック入力』でもケータイ入力を有効にするかどうかという設定です。

これをオンにしておくことで、フリック入力に設定しても、ケータイ入力で入力可能になります。

まとめ

ここまで設定することで、以前使用していたiPhoneのキーボードとほぼ同じ感覚で入力出来るようになりました。

ちなみに、Gboardでは、最初からフリック入力とケータイ入力が出来ますので、そちらに変更しても問題ないかもしれません。

そこら辺はお好みで。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする